アリエス化粧品について



化粧品を長く安心、安全に使っていただくために

技術の進歩に支えられて、化粧品の製造開発技術が発展し、これまでのないような「高機能・高性能」の化粧品が日々生み出されています。
今日の女性の新規で多様なニーズに応えて、斬新な機能、魅力的な特長を有する化粧品が次々登場しています。

あたりまえのことですが、化粧品は長い期間にわたって、毎日、繰り返し使っていただくものです。何よりも化粧品を使用する肌に安全であることが求められます。

化粧品は同じ中身であっても、使う人の肌は百人百様。同じ人でも、体調や環境によって肌の状態は変化します。その変化をしっかり把握しながら、いちばんベストの状態で使っていただくことが重要です。

アリエス化粧品は、化粧品等皮膚安全性症例ネット(SSCI-Net)に加入、市販後の製品の安全性情報に適時にアクセス、適切な対処ができる体制を整備しています。あわせて、原料メーカー、生産工場等との情報連携を進め、お客様の安心と安全をしっかり確保する情報共有システムの構築・運用を積極的に行っています。

 

 

 

 

 

★アリエス化粧品の安全性情報ページへ

製品パッケージに印刷してある上のQRコードからSSCI-Netの情報にアクセスできるようになっています。

「毛穴再生」という新発想

CEO

美容上、あまり歓迎されない部位ですが、毛穴には皮脂腺でつくられた油分(皮脂)を外に出す役割があります。ここが塞がってしまうと、皮脂の排出が妨げられ、ニキビや毛穴が目立つ原因にもなります。
いっぽう、これまであまり知られていなかった、皮脂腺のすぐ下のバルジ領域と呼ばれるふくらみの部分に、毛根や色素細胞、表皮細胞のもとになる幹細胞が存在し、白髪と脱毛などの老化に深く関与していることがわかってきました。また、皮脂中の不飽和炭化水素であるスクワレンや各種脂肪酸が、皮膚の機能維持において大切な働きをしていることが最近の研究で示されています。

これからのスキンケアは、過剰なクレンジングで毛穴を傷めつけたり、油性の強い化粧品で毛穴を塞いでしまうことがないよう、肌の代謝機能に沿ったお手入れが重要になってきます。

毛穴再生から肌再生へ。肌に負担をかけず、その代謝・機能を妨げない新発想のスキンケア製品の登場です。

 

CEO


ヒトの皮脂と同じ化学構造を持つスクワレンのみでできた美容オイルを世界で初めて発売。(2016年6月21日発売)

 

「光回復」という機能


CEO

40億年もの昔、生命が地球に誕生し進化を始めた頃、降り注ぐ紫外線から自らを守るために獲得した能力のひとつ----それが「光回復」という機能でした。この光回復機能の働きにより、紫外線で傷ついたDNAを修復する巧妙な仕組みがつくられました。同じ地球上の生物であるヒトにおいても、サーカディアンリズム(体内時計)というものによって制御され、光回復酵素と同種の遺伝子に基づき機能発現される、高度なDNA損傷修復機構があることが解明されました。しかも、この機能が働くには、紫外線のすぐ隣の波長領域にある青色光を含む可視光が必要であることもわかってきたのです。これらに関する輝かしい研究成果をあげたAziz Sancar博士が、つい最近(2015年)にノーベル化学賞を受賞したことは記憶に新しいところです。

有害な紫外線は下地でカット、青色光を含む有用な可視光の透過を妨げず透明肌を実現する独自処方のフェイスパウダーでシンプルに仕上げる。アリエス化粧品は、遠い太陽から届く「ひかり」の持つ力に着目、最新のメディカル・サイエンスに基づいたスキンケア・メイクアップ手法を開発することに成功しました。


 

光回復理論に基づいた新機能フェイスパウダーを2017年4月1日より発売。

アリエス化粧品誕生まで

2017年 8月21日
アリエス「オイルエッセンスEXプラス」発売開始。
2017年 6月21日
株式会社アリエスで化粧品製造業許可取得。
2017年 5月1日
アリエス「クリアベースUV 」発売開始。
2017年 4月1日
アリエス「クリアライトパウダー」2色発売開始。
2016年12月17日
ベトナム・ハノイのジャパンショップにおいて、アリエススキンケアシリーズを発売開始。
2016年 6月21日
アリエスベーシックスキンケア4点(「クリアオイルクレンジング」、「スムージングウォッシュ」、「スキンプロテクトローション」、「SQオイルエッセンス」)発売開始。 
2014年12月5日
商品名「ARIES/アリエス」で、区分3(化粧品、せっけん類)において商標取得。
2014年 8月29日
株式会社アリエスで化粧品製造販売業許可取得。
2013年 3月21日
東京港区南青山にて株式会社アリエス設立